遺言執行

遺言執行

遺言者は、遺言で一人又は数人の遺言執行者を指定することができます。

遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をすることができ、未成年者・破産者以外の者であれば、なることができます。

遺言によって財産を受け取ることになっている相続人を遺言執行者に指定することもできますが、相続人間のトラブルを未然に避ける意味でも、信頼できる第三者、特に法律知識を有する専門家に依頼するのが安心です。

法律知識を有する専門家で、遺言の内容を把握しているという点では、遺言の作成に関わった行政書士も、その遺言につき遺言執行者の候補者となります。

遺言執行者の指定についても、どうぞお気軽にご相談下さい。