遺言書の有無確認

遺言書の有無確認

業務内容

相続が発生した場合、遺言書の存在の有無は、相続財産の分け方に大きな影響を及ぼします。

遺言の内容によっては相続人の範囲や、遺産分割協議の対象となる財産の範囲が変わることがあるからです。

公正証書遺言の場合、原本は公証役場に保管されることとされていますので、所定の手続を踏めば、どこの公証役場を通じても照会が可能です。

他方、自筆証書遺言の保管場所については決まりがありませんので、保管場所について遺言者から特に伝えられていない場合には、生前の言動から保管場所の目星をつけるしかありません。自宅や貸金庫に保管されていることもあれば、親しい知人や専門家の手元に託されている可能性もあります。

行政書士は、相続人から委任を受けることで、公証役場への上記照会を代理人として行うことができるほか、遺言書を保管している又はその可能性のある関係者・関係各所との連絡調整についても、可能な限りお手伝いをいたします。